東日本大震災からの復興デニム!オイカワデニム

復興デニムとして非常に今人気のあるのが”オイカワデニム”です。
2011年東日本大震災で被災した宮城県気仙沼にある「オイカワデニム」
津波で倉庫と5000本のジーンズが流されたが、ヘドロから出てきた流されたジーンズは1本の糸のほつれもなかったと「復興のデニム」として被災者を勇気づけたジーンズです。
木村拓哉さんが愛用しているということでも有名になりましたが、今、日本のジーンズが見直されています。
最近は日本に出回る衣料の大半が中国で製造されたものが多い中、値段は高くてもしっかり縫製された日本の高品質のジーンズが見直され始めています。



 

しっかりした縫製は、海外にはないものです。
糸も特別のものを使用し、ミシンは今使われている昔からのミシン以外では縫えないほど、強い糸で縫製されているそうです。

 

カジキマグロの角を角を繊維化したデニムも注目を集めています。

 

何十年での履いて、古くなれば古くなるほど味が出てくるのがオイカワデニムです。

 

高い技術で作られたデニムは、アメリカでも評価され、今では有名ブティックなどでも展開されているブランドです
おしゃれなデザイン、耐久性、履き心地も、日本の職人が丁寧に作り上げたデニムは最高品質です。

 

改めて日本のデニムに注目です